2010年01月13日

<藤井財務相>辞任へ 政権に痛手(毎日新聞)

 藤井裕久財務相(77)は5日、鳩山由紀夫首相に健康不安を理由に辞任する意向を伝えた。首相は「これからも頑張っていただきたい」などと慰留したが、藤井氏の辞意は固く辞任は避けられない情勢となった。昨年9月の鳩山内閣発足後、閣僚が辞任するのは初めて。近く開会する通常国会での10年度予算案審議を目前に控え、担当閣僚が辞任することで首相の政権運営に大きな痛手となるのは必至だ。

【総力特集】ひとめで分かる 鳩山政権の通信簿

 藤井氏は5日午前の閣議終了後と午後の2回にわたり、首相と首相官邸で会談した。2回目の会談で首相は「せっかく子供(予算)を産んだんだから育てよう」と慰留したが、藤井氏は「産むまでが僕の仕事だ」と辞意を撤回しなかった。藤井氏は「通常国会で長時間にわたる予算案審議への出席など激務に耐えられない」ことなどを理由に挙げた。

 藤井氏は昨年12月25日に10年度予算案を閣議決定後、高血圧などの体調不良を訴え28日から検査入院。30日と今月5日の閣議には入院先から出席し、閣議後の記者会見では「医師の判断を尊重する」「予算編成が相当な重圧だった」などと語った。

 首相は昨年9月の組閣の際、藤井氏の経験と安定感を評価して財務相に起用した。首相は同日夜、首相官邸で記者団に「医師の最終的な判断はまだだという報告をいただいた。本人もまだ判断していない」と説明、辞意を伝えられたことを否定した。検査結果は週内に出る見通し。

 後任人事は、予算編成の担当閣僚の辞任で国会での予算審議に支障が出る恐れがあることから、菅直人副総理兼国家戦略担当相や仙谷由人行政刷新担当相を横滑りさせる案や、野田佳彦副財務相を昇格させる案などが浮上している。

 藤井氏は旧大蔵(現財務)省出身で、93〜94年に細川、羽田内閣で蔵相を務めた。一度は政界引退を決めたが、首相らの意向により昨年8月の衆院選比例代表で立候補し、7期目の当選を果たした。

 鳩山内閣では最高齢の閣僚。

【関連ニュース】
【藤井氏はどんな政治家か】鳩山首相、父威一郎氏との縁とは
【関連記事】クリスマスイブ、予算編成ねぎらう藤井氏
【写真特集】藤井氏はじめ 鳩山内閣の顔ぶれ一覧
【明快図説】民主党の党内人脈図をみる

ホストの裏情報
i9sq9d0wの日記ブログ管理ツール
クレジットカード現金化
出会いランキング
ネイルサロン
posted by アラ タカオ at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「近未来」元幹部2人を再逮捕、再び詐欺容疑(読売新聞)

 IP電話事業への投資名目で出資金を集め、2006年12月に破産した「近未来通信」の詐欺事件で、警視庁は6日、ともに詐欺罪で起訴された同社元専務の日置茂(44)と元常務建石春雄(67)の両被告を詐欺容疑で再逮捕した。

 日置被告は容疑の一部を否認し、建石被告は「間違いありません」と認めているという。

 発表によると、日置被告らは06年3〜11月、IP電話事業による収益がほとんどなかったのに、茨城県内の会社役員ら2人に「中継局のオーナーになれば毎月約80万円の利益が出る」などと偽り、計約3500万円をだまし取った疑い。

 破産直前に約2億円を中国に送金して海外逃亡した社長の石井優容疑者(53)の行方は不明のままで、同庁は、同容疑で国際手配している。日置、建石両被告は昨年12月、4人から計約1億2000万円をだまし取ったとして詐欺罪で起訴された。

 同庁幹部によると、03〜06年の4年間に日置被告は約9000万円、建石被告は約8000万円、社長の石井容疑者は約5億円をそれぞれ役員報酬として受け取っていたという。

 一方、同社は1999年3月〜06年10月、投資家約4000人から約603億円を集めていたが、出資した投資家の救済は進んでいない。横浜市の男性(58)は05年夏、「2〜3年で投資金が回収でき、その後は定期収入が得られる」と勧誘され、「老後の生活の糧に」と退職金から約1400万円を出資した。マンションのローン返済にも追われているが、出資金も戻ってきていない。男性は「社長がだましとった金で海外を逃げ回っているのかと思うと許せない」と憤る。

 破産管財人によると、近未来通信の負債総額約190億円に対し、回収できた資産は約2億1000万円で、配当のめどは立っていない。

にっしー農場
しげるのブログ
ショッピング枠現金化
ライブチャット
クレジットカード現金化 比較
posted by アラ タカオ at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。