2010年04月08日

山中に犬100匹の死骸遺棄 服着たまま、大半ペットか 埼玉(産経新聞)

 埼玉県飯能市の正丸峠の山中に、犬約100匹の死骸(しがい)が遺棄されていたことが5日、ペット業界関係者への取材で分かった。遺棄されていた犬は子犬から成犬まであり、多くは犬用の服を着ていたり毛並みが整っていたりするため、飼い犬だった可能性が高いという。県警でもこうした事実を把握、廃棄物処理法違反などの疑いで調べている。

 犬の死骸が遺棄されているのを確認したのは、東京都内のペットサロンの関係者。2月上旬、知人から「正丸峠に5〜6年前から犬の死骸が捨てられている」との話を聞き、2月14日と25日に同店の店員らが現場を訪れると、辺り一面に黒いポリ袋などに入った犬の死骸が散乱していたという。

 死骸は半分以上がマルチーズやシベリアンハスキーなどの純血種。道路わきのがけ下に5〜6キロにわたって捨てられていた。同店では2月25日に飯能署に相談、3月4日には市にも相談。県警と市によって同月26日に犬約80匹分計約510キロの死骸を回収したが、同31日には再び新たな15匹の死骸が捨てられているのが見つかった。

【関連記事】
虐待目的で猫引き取る? 元の飼い主には「転落死」
スルメ何人分? 全長3・4メートルの巨大イカ、新潟に漂着
異変?九十九里浜に大量のカタクチイワシ 海岸に打ち上げられる
ハトやスズメ85羽死ぬ、毒物か 鹿児島
東北、福井でオタマジャクシの死骸、発見相次ぐ
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

地下鉄が壁に向かって逆走=運転士反対に乗り信号無視−大阪(時事通信)
<遭難>2人目の死亡確認 中央アルプス・宝剣岳(毎日新聞)
弁護士バー 東京・渋谷に開店へ 接客で法律相談はせず(毎日新聞)
JR歴代3社長起訴めぐり指定弁護士を推薦(産経新聞)
与謝野氏ら詰めの協議へ…新党綱領や党名(読売新聞)
posted by アラ タカオ at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。